イソップ物語「金の斧」で銀の斧をもらう方法はあるのか?

こんにちは、RYUです。

みなさん、イソップ物語の「金の斧 」

って物語ご存知ですか?

 

 

確かこんな話でした。

 

 

木こりが木を切っていたら、

誤って鉄の斧を泉に落としてしまうんです。
すると、泉の中から女神様が出てきます。

女神様の手には、

金の斧と銀の斧を持っており
あなたが落としたのは金の斧ですか?それとも銀の斧ですか?
と聞いてきます。

木こりは、「私が落としたのは、金の斧でも銀の斧の斧でもありません。

と正直に伝えると、、、。

女神様は
正直者のあなたには、この金の斧を与えましょう。

 

 

という話。

この話を聞いたときに
僕が感じたことが今日のテーマですが
それがズバリ!

銀の斧を貰いたい時はどうしたらいいんだろう?

普通に正直にしていれば金の斧はもらえるんですが
やっぱり、欲が出てきてしまいます。
銀の斧もらおう作戦をきままに書いていきます。

銀の斧をもらう方法はあるのか?

金の斧だけをもらったけど
やっぱり銀の斧も欲しい!!!

この話の教訓は、

 

「正直者は得をする!」という話なので

 

「女神様〜、金の斧を頂いて嬉しいのですが銀の斧の方が欲しいので
銀の斧と交換してもらえませんか?」

 

と正直に告白するのはどうかな?

でも、これにはちょっと落とし穴があって
他の童話でもよくある話だけど

欲張ったら何ももらえない

みたいな法則もあるので、
金の斧も没収される可能性もあるので、

そこは注意が必要。

その場合は、

一回手にした金の斧はしっかりと
手に持っておいて、没収されそうになったら
全速力でダッシュする心構えが必要です。

力ずくで奪うのはありか?

交渉が失敗した場合、女神様から力ずくで奪う選択肢もあります。

この場合、リスクが結構あって
女神様って言っても神様だから・・・

 

力が超強い可能性なんなら、
特殊能力を持ってるかもしれない。

 

ただの女子と言っても、斧持ってる女子の
戦闘力もなめてかかってはいけない!強い!

 

陸地での戦いではなく、泉の中に入っていく恐怖!

 

 

そうなると、戦略は不意打ちがいいと思う。

できれば、チームで行った方がいいかもしれない!

泉の後方の木の上からスナイパーを配置して
出てきた瞬間に、銀の斧を狙って打つ。

うっかり落とした所を狙って銀の斧を取ってダッシュ。

 

ただ、びっくりした女神様が泣き出したら、
可哀想なので検証が終わったら返してあげましょう。

女神様が寝ている間に奪うのも見えないリスクが・・

普段泉の中にいる女神様はきっと
寝ているはず!!

 

というか神様って何もない時寝ているのが
こういう神話のセオリーなので寝ているはずです!

 

もともと金の斧と銀の斧は
セットで持っているはずなので

泉の中のどこかにあるはずなんです。

だったら話は簡単。

酸素ボンベなりのスキューバダイビング装備をして泉の中に潜っていけば

見つけられる可能性がありますよね!?

 

しかし・・・

 

 

ここで気をつけておかないといけないことが1つあって

それは、泉の中に入った瞬間に
「落とした判定」されないか?ということ。

自分からドボン!と潜るのですが
それが女神様に取って

「落ちた!」と

判断されれば

「あなたが落としたのは金のダイバーですか?
それとも銀のダイバーですか?」

となる可能性があります。
こうなったら、もう普通のダイバーを取り戻す手段すらありません。

 

正直に答えて、金のダイバーを連れて帰りましょう。

 

こうした理由から泉の中に入ること自体が
危険なので、オススメできる方法じゃないですね。

SPONSORED LINK

なぜ僕は銀の斧が欲しかったのだろう?

交渉もだめ、力ずくでも盗むのもダメ。

そうなると、そもそもなぜ僕は銀の斧を欲しがったんだろう。

人間はないもの、

手に入らないものへの執着が

生まれやすいんですね。

もう金の斧が手に入っているのに、

手に入っていない銀の斧を
欲しがるという、、、なんて愚かなことを考えていたんだろう。

もしかすると、この「金の斧」で

本当に伝えたかったことは、
「あるもの」に感謝して、「ないもの」を求めすぎない。
いう教訓だったのかもしれません。

あの有名なスヌーピーも
「You play with the cards you’re dealt …whatever that means. 」

配られたカードでプレイするしかないのさ、それがどんなカードであってもね。

と言っているので、

持っているのがどんな斧であっても
それに感謝して、生きていくというのが大切なんですよ。

(追記)

・・・とここまで書いておいて
wikipediaで金の斧のあらすじを検索してみると

きこりが川辺で木を切っていたが、手を滑らせて斧を川に落としてしまう。困り果て嘆いていると、ヘルメース神が現れて川に潜り、金の斧を拾ってきて、きこりが落としたのはこの金の斧かと尋ねた。きこりが違うと答えると、ヘルメースは次に銀の斧を拾ってきたが、きこりはそれも違うと答えた。最後に失くした(鉄製の)斧を拾ってくると、きこりはそれが自分の斧だと答えた。 ヘルメースはきこりの正直に感心して、三本すべてをきこりに与えた。

 

3本すべてをきこりに与えた!

 

と身も蓋もないことが書かれていました。

今までのなし!なし!

そのカードで勝負するのはいいとして
3本もらえるんだから、まずは求めていかないといけません!

求めましょう!!!

そして、3本もらいましょう!!

 

でも、、、やっぱり金の斧しかもらえなかったら

 

あなたなら、どうやって
銀の斧をゲットしますか?

SPONSORED LINK



コメントを残す