【Voicy】【Himalaya】アプリの評判は?使ってみた感想!

はあちゅうさん、イケハヤさん、家入さんなど

名だたるブロガーたちが

最近ハマっていることで話題沸騰中の【Voicy】

そして、はあちゅうさんはつい先日

【Himalaya】というアプリも始めたそうなのですが、

これらのアプリをみなさんご存知でしょうか?

 

【Voicy】ってなに?

【Himalaya】ってどんなアプリ?

実際使ってみた感想は?

 

などなど、

この2つのアプリに関するみなさんの疑問に

今回はお答えしていきたいと思います!

 

【Voicy】とは?

 

「Voicy」は、スマートフォン1つでいつでもどこでもオリジナルな音声放送ができる音声配信・聴取サービスです。新聞や雑誌等、約40の大手メディアと連携し、オーディションで採用された個性豊かなパーソナリティが、厳選したコンテンツを温かみある声と共にお届けしています。 引用元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000021111.html

 

利用者はコンテンツを配信する「パーソナリティ」と

聞き手の「リスナー」に分けられていて、

「みんなで作る放送局」というキャッチコピーのもと

2016年2月に作られたクラウド放送局アプリです。

 

ジャンルは経済、社会、グルメ、エンタメなどの幅広く、

コンテンツの長さも、

1つの記事を15秒から30秒で読んでテンポ良く

次々とその日のニュースを読み上げるダイジェストもあれば、

10分〜20分で1つのプレイリストとする人もいるので、

かなり幅広いニーズに対応できるようになっています。

 

Voicy [ボイシー] - 今日を彩るボイスメディア
Voicy [ボイシー] – 今日を彩るボイスメディア
開発元:Voicy, Inc.
無料
posted with アプリーチ
 
 
 

 

 

【Himalaya】とは?

 

 
 

実は初めは2013年に

中国で「喜马拉雅(シマラヤ)FM」

というアプリ名で誕生し、

現在は4億人の登録者数、業界シェア率73%を誇る

業界No,1アプリだそうです。

中国では1億件の音声コンテンツを、

大カテゴリー20個と、

小カテゴリー328個に分類して

提供してきています。

 

日本でのサービス開始は2017年9月。

「いつでもどこでも、聴きたいものを」

をキャッチフレーズに、

多岐にわたる音声コンテンツを聴くことができる

総合音声プラットフォームアプリです。

 

Himalaya FM(ヒマラヤ)音声プラットフォームアプリ

Himalaya FM(ヒマラヤ)音声プラットフォームアプリ
無料
posted with アプリーチ

 

なぜ注目されているの?

 

発端としては、

はあちゅうさんやイケハヤさんが

Voicyでチャンネルを作って

発信を始めたことがきっかけで、

多くの人に知られるようになったと思います。

特にはあちゅうさんは、

音声アプリの波が今後来ると読んでいて、

かなり力を入れているようです。

 

2018年1月末に

はあちゅうさんイケハヤさんが

配信を始めてから

爆発的な伸びを見せていて、

アクセスが集中しすぎてメンテナンスの為に

一時ダウンしていたほどでした。

さすがインフルエンサーのお二人ですね!

 

 

Himalayaの方は

先日はあちゅうさんが始めたと

公言していたばかりなので

まだそんなに知らない方も多いかもしれませんが、

同じく利用者が増えていくでしょう!

 

使ってみた感想!

「はあちゅうさんの生声を聞きたい!」

と思って私も実際に

VoicyとHimalayaをダウンロードして

使ってみました!

 

感想としては、

めちゃくちゃ便利!これは確かに音声アプリ今後くるな!

という感じです!

 

自分でも使ってみるまで気づかなかったんですが、

音声だけを聞きたいタイミングって

実は日常生活の中でたくさんあるんですね。

 

・朝シャワーを浴びているお風呂場で
・スキンケアやメイクをしながら
・キッチンで料理をしているとき
・通勤の車の中で
・満員電車に乗っているとき

 

などなど。

手が塞がっていて、視線も集中して送れない場面

ってありますよね。

私はVoicyとHimalayaに出会うまでは

どんな時もYoutubeを使っていました。

 

スキンケアをしているときは

次の動画を選ぶためにベタベタの手で

iPhoneを触るのが嫌だったし、

料理をしているときは

目は料理に集中させてるから

目で楽しむことができなくて、

音声だけだといまいち楽しくなかったり。

満員電車で足元がフラフラしながらも

片手でつり革を掴んで

片手で携帯を握りしめて動画を見たりと、

Youtubeを使うには不便なときが

たくさんありました。

 

そういった小さなストレスが、

音声アプリによって解消されたので

ものすごく気持ちがいいですね。

快適に楽しめています。

 

とは言ってもこれまでだって

音声アプリは存在してましたし、

ラジオのようで古臭いと感じるかもしれません。

それが最近になってまた脚光を浴び出したのは、

コンテンツが充実してきているから

なのかなと思います。

 

実際に私は、

はあちゅうさんのお話が聞けるからと

アプリをダウンロードして、

アプリの良さに気付き、

連鎖的に他のチャンネルも聞くようになりました。

そうやって

「ニュースとかには興味ないけど

はあちゅうさんやイケハヤさんの話なら聞きたい!」

と思う人は確実にいますし、

その人たちにとってはこうして

音声を聞く時間を費やすに値する

コンテンツの質の高さが保証されていますから、

とっつきやすいのだと思います。

 

これからどんどんいろんな人たちが発信者となって

もっとコンテンツが充実してくれば、

音声アプリはどんどん普及して行くでしょうね!

SPONSORED LINK

ヒマラヤアプリ、私の使い方!

 

せっかく聞くなら何かしら吸収したい!

軽い勉強のような感覚で使えたらいいな!

と思ったので、

音声学習の効果的な勉強方法を考えてみました!

今後音声アプリを使い続けていくにあたって、

この方法にのっとって音声学習をしていけば、

すきま時間を使って

かなり有効的に勉強できそうです!

 

音声学習の良さとは?

 

1:すきま時間を確保するだけで勉強ができる!

さきほど書いたように、

日常生活の中で動画見たり

読書したりするには不便だけど

なんだか耳がさみしい!

って時間ありますよね。

イヤホンさえあれば

どこにいても勉強を始められるので、

忙しい人でも勉強時間を確保できますね!

 

2:記憶の定着効果が高い!

実は、文字で見るよりも

音で聴く方が記憶への定着率が高い

というデータがあります。

「音声を聞くだけでは勉強した気にならないよ」

って方もいるかもしれませんが、

しっかり意識を向けて聞くことで

勉強していないような軽い感覚で

勉強することができますね。

 

3:繰り返し聞ける!

みなさんも高校受験や大学受験で

経験されたと思いますが、

勉強には「繰り返し」が非常に重要です。

ひとつの科目を勉強したいなら、

いろんな問題集を解いてみるのではなくて

1冊の問題集を答えを見ずに

全問正解できるまで繰り返す、

という勉強法が有効であるように、

同じ内容を繰り返し聞くことで

深い理解を得ることができます。

それを音声アプリであれば

簡単に実行できるというわけです!

 

4:倍速で二倍の効果!

音声アプリには倍速機能がついていることが多いです。

VoicyやHimalayaにもその機能がついていますので、

倍速で聞くことで同じ1時間でも

2倍の量の勉強をすることができます。

これは日々忙しく過ごすみなさんにとっては

より効率的で嬉しい機能なのではないでしょうか。

 

5:とっつきやすい!

音声アプリはイヤホンを挿すだけで

勉強を始められるため、

勉強に対する嫌悪感が生じにくいと思います。

さあ始めよう!って意気込まずに

聞くだけでいいのですから、

勉強が苦手な方には特に最適な勉強法です。

より勉強効果を上げるためには

 

1:意識を集中させて思考しながら聞く

音声学習の唯一の難点は

「集中力が続きにくいこと」

かもしれません。

”ながら勉強”になるので、

ついつい意識が目に入ったものや

手作業に向いてしまいがちで、

長い時間集中して音声を聞くのは

初心者の方であれば最初のうちは

なかなか難しいでしょう。

 

ちまたでよく

「聞き流すだけで英語が話せるようになる!」

と謳っている音声学習教材がありますが、

私はあれではあまり意味がないと感じていて、

意識を向けてしっかり聞き取り、

かつ思考しながら学習することで

効果があるのだと思います。

 

はじめのうちは難しく感じるかもしれませんし、

たまに眠気が差したりもするかもしれませんが、

継続するうちに慣れてきて

集中が続くようになってくるので、

聞き流すだけにならないように

気をつけると良いと思います。

 

2:メモを取る

聞くだけでも勉強効果はありますが、

インプットに加えてアウトプットを同時に行うと、

さらに情報の吸収力は増します。

 

音声に耳を傾けながら

これは大事だと思ったことや自身で考えたことを

積極的に紙に書き出したり

携帯のメモ機能に打ち込んだりすると、

耳で聞く/指を使う/目で覚える

と、3つの感覚から記憶にアプローチするので、

学習効果がアップします!

 

さらに繰り返し同じ音声を聞くたびに

そのメモを更新していくことで

あなただけのノートが完成して、

達成感も同時に得られるでしょう。

成果が目に見えるのはやっぱり

気持ちいいですからね☆

 

3:いつ聞くか決める

実際どんなに簡単に始められるとは言っても、

やっているうちに飽きてきてしまったり、

面倒臭いから音楽を聴いちゃおうって

なったりしてしまうこともあるかと思います。

 

たまにはそういう息抜きが

あってもいいとは思いますが、

それが何度も続いてしまうと

勉強が途切れてしまって

継続が難しくなってしまうでしょう。

 

そのため、どのタイミングで聞くか

あらかじめ決めておくのが良いです。

 

例えば私は、

バイト先への往復で電車を使うので、

その30分間を音声学習に当てると決めています。

音楽を聞きたかったり

Youtubeで動画を見たいなあと思う時も、

電車の中だけは勉強する!

としていて、

そんなに長い時間でもないので、

あまり苦労せずに継続できています。

 

まとめ

 

今回は最近人気の【Voicy】【Himalaya】

という2つのアプリについての

紹介と使ったみた感想、

そしてこれらのアプリを使って

勉強するにあたっての

効果的な勉強法などをご紹介しました。

 

音声学習に限らず、

毎日忙しく働く社会人が

最短で効果を得るための勉強法を

下の記事で紹介していますので、

ぜひこちらも合わせて実践してみてください。

もっと早く知りたかった!社会人だから出来るおすすめ勉強法!

2018年1月27日

私も最近はこの2つのアプリにかなりはまっていて、

これからも音声学習を継続していこうと思っているので、

同じように音声学習をこれから始めよう!

と思っているみなさんの参考になればと思います。

 

最後までお読みいただきありがとうございました♪

AYA

SPONSORED LINK



コメントを残す