もっと早く知りたかった!社会人だから出来るおすすめ勉強法!

社会人になったからって勉強から
開放されるわけじゃないんですよね。

仕事に使う資格試験や自分の将来を見据えた
勉強っていうのは学生の頃になんとなくしていた
勉強とは、気合が違ってきますよね?

なぜなら「お金」がかかっているから!

社会人の勉強は、結果がそのまま
ボーナスや手当としてお金に変換されます。
かと言って、勉強を始めてみるとわかるんですが
社会人の方が学生よりも賢くなったか?

と言われると、そうでもありません。
残念ながら、仕事で同じルーティンをしている
社会人よりも毎日インプットをしている学生の方が
試験でいう所の「試験」強さをもっています。

この記事では、社会人だからこそ出来る
おすすめの勉強法をお伝えしていきます。
勉強というジャンルであればどんな事にも
応用が効くので、最低3回はじっくりと読み直してください。

社会人が学生よりも有利な点を理解する

まず社会人が学生よりも有利な点を理解していきましょう!

そもそも僕は学生よりも社会人の方が
勉強に向いていると思っています。

モチベーションが上がりやすい!

まず学生のうちは勉強=義務のような感じですよね?
モチベーションが上がりにくかったのを
覚えていると思います。

しかし我々、社会人は、勉強はしなくても良い。
という環境の中で、「これを学びたい!」というものがあるから
勉強しているわけじゃないですか。

モチベーションが学生とはまったく違うわけですよ。
嫌になったらやめたらいいですからね。
もしかしてら、コレを読んでいる人の中には
会社から無理やり勉強させられている人もいるかもしれません。

しかし、この点も学生とは違います!

会社からいわれていたら
その間は給料が出ますよね?!
だいたい会社自体にメリットがないと資格なんて取らせませんから
結構必要度の高い資格なんだと思います。

ここが1番大きな有利な点になります。
モチベーションが高い状態からスタートできている。
という所ですね。

ムダ知識が学生よりも多くある

あとは、暗記とかをするにしても
社会人の方が有利だと考えています。

学生は元々の知識がないので、
1つ1つの単語を覚えるのってほぼガチで
覚えていかなければいけないのに対して
社会人のあなたは、学生よりもいろいろな無駄知識
たくさんあるわけです。

この無駄知識が暗記系に活きてくるわけです。

例えば、英単語を覚えるときに
「credit」という言葉が出てきたとします。
社会人なら持っているクレジットカードのクレジットだ!
という事がわかりますよね?

ならクレジットカードのクレジットって
どういう意味なんだろう?って考えることが出来ます。

答えを言ってしまえば
「信頼とか信用」っていう意味なんですが
クレジットカードをまったく知らない人は
関連付けて覚えることができないわけです。

大人だからこそいろんな経験をしていますよね?

夜のお店に入ったらチャージとか
ボトルキープとか、学生では聞かなかった
用語がたくさん溢れていると思います。

今まで無駄だと思っていた知識が
思わぬところで繋がるというのも社会人の
勉強の強い部分です。

にも関わらず、学生の時と変わらない
勉強の方法を取っている人が多いのも事実。

知らない単語に出会ったら
(これ、簿記、語学、大学受験すべてです。)
まずは自分の知識の中で関連するものがないか
考えてみる習慣をつけてみてください。

例:中国語を覚えるときの実践

龍は中国語でロンっていいます。
こういう状況の時もそのまま何回も繰り返して
覚えるやり方は絶対にしませんよ!

まずは、自分の生活の中でロンって付く言葉が
ないか探してみます。

麻雀のロン!やロンドン、論外、マロンなど・・・

すると、ウーロン茶っていうのが
漢字で書くと烏龍茶っていうことに気付いたりします。
この知識があるだけで、

龍がロンなら

鳥はウーって言うんじゃないか?って

仮説が立てれますよね?

実際調べてみると・・・

 

鳥=ニャオ

 

 

猫かよ!!!!!

じゃあ、烏龍茶のウーって何のことなの?
って気になりますよね?

ウーっていうのは、

黒とか、カラスとかを表しているらしいです。

へぇ〜知らなかった!!!

・・とここまでの思考で
中国語の単語が鳥、龍、カラスの3つが
あなたの頭の中に深くインプットされませんでしたか?

この作業をしていく事が
無駄な知識を蓄えた社会人ができる
勉強法になります。

SPONSORED LINK

最強の勉強方法

ここからの勉強法は社会人だけではなく
勉強のできる学生はほぼ同じやり方を取っています!

あなたが学生時代に勉強苦手だったんだよな〜と
感じているのであれば、このやり方を知らなかっただけ
かもしれませんね。

全体像を先に作ってしまおう!

まずいきなり超大事な事を言いますね!

勉強のポイントは、1つだけです。

どれだけ早く全体像を頭の中に作れるか!

これだけを意識して勉強する科目に取り組んでください。

英語であったら、
最初に単語をひたすら覚えるやり方はやめてください!

まず何をしたらいいのかというと
英文法の基礎的な本の目次をひたすら眺める!

どんな項目にどんな事が書いていそうかな〜?

と想像しながら、自分なりでいいので話してみるわけです。
とは言っても英語のことなんて何も知らないので
出来るわけないんですが、それでいいんです。

歴史とかよく言われますよね?
まずは全体像の流れを意識して細かい所を
覚えていく!とか。

この考え方って歴史だけではなくて
他のすべてで使える考え方なんです。
ビジネスだった場合、ビジネスの全体像を掴むために
お金の流れを見ることで
それがどんなビジネスなのか理解することが出来ます。

もしわからなければ
【◯◯(自分の勉強する科目)+ 全体像】と
画像検索すれば、全体像をコンパクトにしてくれている
画像が見つかります。

その1枚の画像に自分で情報を詰め込んでいくわけです。

全体像を作れないから
何回も何回も最初からスタートして
縄文時代だけめっちゃ詳しい!みたいな人いますよね?

原子核とかだけ知ってるけど、モルはわかんねーとか。

これって全体像が頭に入ってないから起こるんですよ。
なので、自分の頭の中に全体像を入れるという意識で
勉強をスタートさせてください!

アウトプット中心の生活

僕が一番最強だと思っているのが
このアウトプットを中心に勉強をするという姿勢。

学んだことを誰かに教えるという作業は
マジで頭に残ります!
誰かに教える前提で話を聞くと
勉強効率が何倍にもなる。

ただ、あなたが勉強している内容を
あなたの周りの人が同じように興味を持ってくれて
いるかは別の話で、興味のない話ほど
つまらないこともないので良い方法が1つ。

何でもいいから無料ブログを立ち上げて
そこで、情報を発信していきましょう!

自分が学んだことをブログにして
世界中に発信していくんです!
正直、このブログも毎日毎日
書くネタなんてないんですが
アウトプットするために
インプットをどんどんしていってるんですよね。

僕もAYAも2人とも情報を入れるために
いろんな事をしています。
ただただこのブログにアウトプットするということだけで
質が上がっていくんですよ。

何も面白いことを書く必要なんてなくて
最初は日記みたいな感覚でいいんです。
言葉も話し言葉でいい!

僕みたいにゆるーくやっていきましょう!

まとめ

結局社会人の勉強というのは、面白いです!

必要性から来る勉強ですよね。
会社で必要だから、自分のスキルアップに必要
彼女が中国人だから中国語が必要・・・

など必要性は人のレベルを急速にアップさせます!

社会人ならではの強みを理解して
優秀な学生がやっている勉強の枠組みを理解したら
あとは、突っ走るだけです!

もし勉強を進めるなかで障害があった時は
この記事が参考になると思います。

飽き性の改善法って本当にいるかな?

2018年1月26日

勉強と飽きやモチベダウンって切っても切れない
関係にあると思います。
その飽き性について、まさかの全肯定している記事になっているんで
見たら勉強しなくなるかも・・?

最後まで読んでいただきありがとうございました。

SPONSORED LINK



コメントを残す